YTK-system

写真とGeoCachingとたまにiPhoneブログの予定

11月3日当日にiPhoneXゲッツ  

iPhones2017.jpg

今日はiPhoneXの発売日です。毎年買い換え組なので当然の如くiPhoneXをゲットしました。
写真で言うと右から2番目ですね。
左から、iPhone4S、iPhone5S、iPhone7mini、iPhoneX、iPhone7Plusとなっております。
(こんなにiPhoneいらねーだろw)

いつも黒ばかり選んでいたのですが、今回は久々にシルバーにしてみました。
これがとても良い選択だったのは後で話をします。

まずは予約の話。
予約は10月27日の金曜日、16時1分から開始されました。
これはアメリカ時刻の午前0時に合わせた時間となっているようです。
自分はインターネットからSoftBankで予約を開始しました。
このとき、裏技ですがブラウザで複数のタブを開き、時間直前で一括リロードをし、
最初に繋がったページで予約するとリロード地獄にならなくて良いらしいです。
Chromeならプラグインで一括リロードがあるのでダウンロードしておくと良いでしょう。
これはネット予約ならどこでも使える手法ですので。

まぁ~後からわかったのですが、今回はこんなことをする必要もなく、簡単に繋がったようです。
auやdocomoはかんり混んでいたようで、最初の数分は繋がらなかったみたい。
(昨年のiPhone7の時はSoftBankが出遅れていました)
予約時に色とストレージを選ぶのですが、本契約時に選べるので、ここは適当で良かったかもしれません。


ちょっと長くなりそうなので以下に続きます。


-- 続きを読む --

Apple Watch Series 3を買ってみた  

aw01.jpg
この度、AppleWatchSeries3を購入してみました。
最近、お腹周りがヤバくなったのも理由ですが、最大の理由は通知です。
自分のiPhoneは7plusなのですが、大きいが故に胸ポケットに収まらず、
移動中はカバンの中に入れることが多いです。
そうするとどうしても、ありとあらゆる通知に気付きにくくなります。
仮に後ろポケットに入れていても気付かない事もシバシバ…
Apple Watchがあれば、ブルブルと震えて知らせてくれるのにーっというのが一番の理由ですね。
あと、やっぱり腕時計はあると便利です。
しかし自分は左利きなので、リューズなどが全部右側に来て使いづらいんですよ。
左利きあるあるですね。
その点、AppleWatchは上下逆さまに装着が可能で、画面の向きも指定できます。
左利きに優しい作りとなっております。

そして今回購入したのがSeries3のSIM付きの方です。
これ単体で電話の通話もできる優れもの。
仮にiPhoneがなくても大抵の事は単体で出来ちゃうのが良いですね。


しかし、このSeries3がネックで導入にメチャクチャ苦労しました。
以下に続きます。

-- 続きを読む --

あいりぺcolorを利用してみた  

original.png

iPhone7/plusにProductREDという新色が加わったのは数ヶ月前。
大抵の人がiPhone7を手に入れてからの発売だったので、今更買い換えなんてできねーよって
人が多かったと思います。自分もそうです。。。

とはいえ、仮にiPhone7発表当時からREDがあったとしても選ばなかったと思います。
理由はベースが白地だからです。
フロントパネルは白なんですよね。ホームボタンも。
白地に赤色って単なる紅白なだけでメチャクチャミスマッチです。
何を考えてベースを白地にしたんだろう?
あ、念のために写真を貼っておきますか…


iphone7red.jpg
こんな感じ。
いい赤色なんですよ。メタリックでいて、ちょっとフラットで。
けど、表は白だし、林檎も銀色だし…ちょっと悪いけど、自分の趣味じゃないです。

ってなことで、自分のiPhoneをカラーリングしてくれる「あいりぺカラー」というサービスに申し込んでみました。
けっこう大々的にプロモーションをされていたので、知っている人も多いはず。
けど実際にサービスを受けたという人の話は少ないので記事にします。
以下に続きます。

-- 続きを読む --

ファミコンソフトをモバイルバッテリーにしてみた  

l_kontake_170616zebimoba04.jpg
少し前にファミコンのゼビウスをモチーフとしたモバイルバッテリーが発表されました。
以前にもパックマンとかが製品化されていたようです。
なかなか面白いアイデアでこういうのが好きな自分としては買うしかないと思ったのですが…


価格が4500円


ちょっと高くね?
しかも容量が5000mAhしかありません
つい先日、お出かけ用にAnchorの10000mAhのバッテリーを買いましたが、
2000円くらいでした。しかも2.4Aもある高速充電対応のヤツがです。

その上、写真を見てもわかるように、なぜかケーブルを側面から繋げます。
そこはフーフーする端子のところからしようよ…
っと思ったので自分で作る事にしました。

以下に続きます。

-- 続きを読む --

iPhone7Plus iOS10.1.1の脱獄  

fr_1537_size1024.jpg
昨年末に登場したiOS10.1.1対応の脱獄ツールですが、
ここ一ヶ月ほど使ってようやく落ち着いたかなっというところです。
現在はiOS10.2まで対応したYalu102注目を浴びていますが、
残念な事にiPhone7のみ非対応となってます。
(細かい事を言えば32bit機も)

仕方が無いので、iPhone7は昨年末に登場したmach_portalβ3を使っているのですが、
うまく使えば問題無く使える事がわかりました。
一度、きちんと動けば安定していると思います。
止まるとこける。まるで自転車のような脱獄ですね。

インストールはとても簡単です。
専用のツールをパソコンで実行し、
アプリの署名を行い実行するだけです。

その後「Substrate Fix」を実行すれば、
脱獄Twarkが動くようになりますが、リスプリングが不安定なので、
ターミナルでrootにログイン後、以下のコマンドを実行します。

/etc/rc.d/substrate; killall -9 SpringBoard

これでリスプリング→勝手に再起動がなくなり、脱獄状態を維持したまま復帰するようになります。
あと、自分もなりましたがモバイル回線を掴まなくなりました。
これも以下のコマンドを入れれば、すぐに治ります。

chmod 777 /var; chmod 777 /var/mobile; chmod 777 /var/mobile/Library; chmod 777 /var/mobile/Library/Preferences

どちらも一度入力すれば、再起動をかけても有効です。
あとはiOS10に対応したTwarkを待つばかり。
今のところ、半分くらいはそのまま使えてます。
これがないと生きていけない!というものは8割くらいは使えてると思います。

そしてiOS9.3.xの脱獄から悩まされている署名問題でしょうか。
個人のIDでは1週間しか有効にならず、その都度入れ直す必要があります。
一度安定すれば、1週間以上、普通に使えるとは思いますが、
外で突如再起動した場合、パソコンがなければ脱獄状態にならないのはイタイですね。
毎週日曜日の夜に入れ直す…といった癖付けをしておく方が良いのかもしれません。


尚、自分で作ったネルフマークのシグナルバーですが、未対応でした。
多分、格納場所かファイル名を変えるだけで対応はすると思います。
iOS7の頃から何も変更せずに使えたのが不思議な方でしたからねー


▲Page top