YTK-system

写真とGeoCachingとたまにiPhoneブログの予定

ドゥカティのプラモを作ってみた  

Ducati-01.jpg
この前のフェラーリに続き、イタリアのバイクメーカー
「ドゥカティ」のバイクを作ってみました。
正直、バイクは初めてです。
映画「マトリックス リローデッド」にも出てきたバイクですね。
(今回の車種とは違いますが)
いつか作ってみたいなと思いつつ、なかなか売ってなかったのですが、
近所のジョーシンで見つけたので買ってみました。

以下、作った工程を紹介します。
つづきます。

-- 続きを読む --

ダイバーシティアンテナ搭載のヘッドフォンを買ってみた  

bshsbe27bk.jpg
久々にiPhoneで使うヘッドフォンを買い換えてみました。
バッファローの「BSHSBE27BK」という商品です。
音質でバッファローはねぇよって方も多いと思いますが、
雑音の多い外で使うのがメインのため、そこまで気にしていません。
今回買い換えた理由はBluetoothの電波が弱いため、
iPhoneを隠れるような場所に設置すると音がブツ切れなってしまいます。
普通のiPhoneならこういった事は少ないのですが、
フレームを換装しているiPhoneですので、電発のつかみが悪いようになってしまいました。

そこで今回買い換えた「BSHSBE27BK」ですが、
世界で初めてダイバーシティ方式アンテナを搭載したヘッドフォンです。
2本のアンテナを使い音が途切れにくい仕組みになっています。
Bluetooth4.0でclass1を採用しているので、直線距離なら100mも届くとか。

以前のBluetoothヘッドフォンだと、胸ポケットに入れるだけで
音がブツブツとよく途切れたのですが、今回のヘッドフォンだと
ズボンの後ろポケットに入れてもバッチリ途切れずに聞こえました!
正規フレームのiPhoneならカバンの奥に入れていても十分使えると思います。

操作はメインのボタン、ボリュームの上下用に2つ、電源用の1つのスイッチです。
メインのボタンは音楽再生中だと一時停止になります。
音楽を再生していなければ、siriが立ち上がります。
siriが立ち上がるのは良いことなのか正直微妙です。
充電はマイクロUSBポートです。隠れずに露出されています。
これはちょっとマイナス評価か。
バッテリーは数個あるLEDと、iPhoneならタスクバーに表示されます。
音楽再生なら連続で5時間ほどできます。十分ですね。

デザインは悪くもなく良くもなく、普通といったところでしょうか。
音質も悪くありません。これで4000円強なら十分やすいと思います。
こういった小さいBluetoothヘッドフォンは音の途切れがよくあります。
それが気に入らない人にはオススメですね。

iPhoneの目覚ましのスヌーズについて  

iPhoneに標準でインストールされている時計アプリ
これの目覚ましアラームを利用している人は多いことでしょう。
自分も使っています。
しかし気になるのがボリューム。
iPhoneはいくつものボリュームが独立した値をもっています。
標準のボリューム、iPodや動画用のボリューム、
ヘッドフォン用、スピーカー用…
いろいろ独立してるので、いざアラームを鳴らすと小さかったりなどありますよね。
またアラームの音はマナーモードに関係なく、スピーカーから出てきます。
例えヘッドフォンを利用していてもスピーカーから音がでます。
これが良いときもあれば悪いときもあります。

そして意外な事にスヌーズの間隔は設定できません。
しかも間隔は9分に固定されています。
そう5分でもなく10分でもなく9分間隔…

そこで便利なTweakを紹介します。


Alarmilng.jpg
「Alarming」というTweakです。
有料ではありますが、とても優秀です。
アラーム専用に個別のボリュームが可能となり、
バイブレーションも連動します。
そしてスヌーズの間隔も9分から任意に設定ができるようになります。

例えばボリュームをゼロにして、バイブレーションだけオンにする事ができます。
音が鳴らせない状況のときなどに役立ちますよね。

つか、スヌーズが9分間固定ってのを今までしりませんでしたw


▲Page top