YTK-system

写真とGeoCachingとたまにiPhoneブログの予定

iOS7で通話料を安く済ます方法  

FaceTime_20131224225705e40.jpg
ようやくiOS7.0.xの脱獄が可能となり、やっとiPhone5Sで紐無し脱獄を果たしました。
5Sが発売してから今日まで、ずっとiPhone5/iOS6.1.2を使っていたので
iOS7はいろいろと斬新で面白いです。
今のところ脱獄アプリは分け合ってほとんど使えない状態ですが、
それも時間の問題かと思われます。

で、iOS7になってから少し変わったアプリがあります。
それが「FaceTime」です。

本来これはビデオチャットアプリとなっており、
出た当初は3G回線の貧弱さからWi-Fiオンリーのアプリでした。
LTE/4G回線が普及した今となっては外でも十分使えるアプリとなります。
しかしわざわざ顔を見ながら話することねぇよって思う人は多いです。
自分もそうです。

iOS7からVoIPオンリーの通話が可能となりました。
VoIPとはネットワークを使った音声通話のことです。
SkypeやLineなどもこの方式で通話しています。

んじゃLineでいいんじゃね?
確かにLineの音声通話は便利ですが、相手に着信があってから応答するまでの
ラグがかなりあり、出る前に痺れを切らしてしまう事もしばしばあります。
その点、FaceTimeは発信から着信までのラグがかなり短く、
普通の電話とほぼ同じ感覚で使えます。
また、相手のキャリアも関係ありません。
アドレス帳に登録されているのであれば、
ID交換をする事なく誰でもすぐに使えます。
iOS7以上のiPhoneやiPadで使えるのも便利です。

使い方は簡単でFaceTimeアプリを起動させ、通話したい相手をタップ、
電話番号などの一覧の中に「FaceTime」の項目の受話器アイコンをタップします。
そうすると「FaceTimeオーディオ」として発信をします。
これにより相手のケータイ会社や時間などを気にすることなく、
完全無料で通話が可能となるわけです。
ビデオチャットをしたい場合は、受話器アイコンの左側にある、
カメラアイコンをタップするとできます。


相手がAndroidなんだけどー
相手がiOS6以下なんだけどー


そういう場合はあきらめてLineを使いましょうw

▲Page top