YTK-system

写真とGeoCachingとたまにiPhoneブログの予定

久々のキャノンサービスセンター  

oosaka.jpg

Canon EOS 7D + Canon EF 28-70mm F/2.8L USM
28mm 1/100秒 F/13.0 iso100 EV±0 絞り優先 WB/AUTO PS/クリア

久々にCanonのサービスセンターへ行ってきました。
前回いったのは1D3の頃だったので1年前くらいでしょうか。
ファインダーのゴミが気になり、たまたま大阪に行く用事もあったので7Dを持って行く事に。

いつもは1時間ほどで済むのですが、人が多かったのか3時間くらいかかりました。
そして驚く事にサービス料金が値上がっていました!
最初の頃は無料、数年後に1000円となり、その1000円時代でも1D系だけは無料…
それが一気に一律3000円!!
ちょっといきなり値上げ過ぎでは?
サービス内容が向上してるのかと思いきや、前と同じでミラーボックス内とセンサーの掃除だけ。
更なる精密検査はプレミアム料金が発生し、1D系なら1万円と高額な値段に。

まぁ~無理も無いか。明らかに客は増えているし、人件費も馬鹿になりませんもんね。
簡単な清掃だけでしたが、軽くみてもらったところファインダー内にゴミがあり、
それは分解しないと取れないので諦めて下さいでした。どうやって入ったんだ!
そしてシャッター数は7000以下でまだまだ新品ですよと太鼓判を押されました。

しかし、その項目の下に「総レリーズ回数」というのが…
どうやらカードの通し番号となるシャッター数はいつでもリセットできるので、
この総レリーズ回数が重要らしい。しかしこれを知るにはプレミアムで頼むしかない!
ワンオーナーなら大対のショット数は分かっているけど、中古だと気になりますよね。

ってことで個人で調べる方法です。

Canon EOS Camera Info

このアプリを使えば以下の様な画面がでます。


eos7dショット数

シャッター数は6000ちょいでまだまだ余裕でした。
多分、最初に買った7Dよりも下回っているかも。
外見が新品同様だったのも頷けます。
中古で売るときや、買ったあとなどで活躍しそうなツールですね。
覚えておくと良いでしょう。

NERV Signal Ber 再登録  

nervSB.jpg
コメントを頂いた方からのリクエストに応えるべく、再登場です。
エヴァのネルフ本部のアイコンをモチーフにした、電波マークです。
iOS7時代…いや、その以前から作っていたと思うのですが、
野良リポジトリで登録していたのですが、いろいろ問題があってかなり前に閉鎖しておりました。

新しい場所を探して登録しても良かったのですが、
最近は何も作ってないので、以前に作ったテーマをドロップボックスにあげておきます。
iOS9.0.2では無加工でそのまま使えました。
最新である、iOS9.3.3で使えるかは不明です。

保管場所

ドロップボックスにあげておきました。
多分、ダウンロードできるはず。
ダウンロード後は解凍して出てきたフォルダを、
「Var/stash/xxxxx(人によって変わる)/Theme/」の中に入れてください。
あとはWinterBoardで適用すれば完了です。

個人的に気に入っているので、多分iOS10になっても使うと思います。

iPhoneを無くした!ときの経験談  

o0425031912605041804.jpg
自分のiPhone歴はiPhone3Gの頃からになるので、かれこれ8年以上になります。
その間、コンクリートの上に落下させたのが1回くらいで、画面が割れたこともありませんでした。
当時から脱獄の常習犯でしたし、初期不要も何度かありましたが、いたって平和に使ってました。
しかし先日iPhoneを無くしました!
場所はUSJのデスノート ザ エスケープという脱出ゲームの中です。
幸いですが、場所が限定されていたので、無事に見つかりました。しかも無傷で。
しかし発見まで1日かかったので不安感は半端なかったです。
最悪、来月に7(仮)がでるので2ヶ月ほどiPadで我慢するかと本気で考えるほどでした。

無くしてからはiPhoneを探すを多用しましたが、なぜか電源を切られていたので途中から使えなくなり、
そうなるとどうしようもなくなります。いろいろ悪用されたらどうしようなどなど…
そこで今回の事を教訓にして予め無くしたときの準備を説明したいと思います。


以下に続きます。

-- 続きを読む --

▲Page top