YTK-system

写真とGeoCachingとたまにiPhoneブログの予定

名古屋2日目(なばなの里)  

なばなの里11
Canon EOS-1Ds mark III + Canon EF 16-35mm F/2.8L USM
16mm 1/80秒 F/2.8 iso200 EV+1 絞り優先 WB/くもり PS/クリア

名古屋2日目は三重県にある「なばなの里」へ行きました。
っの前に、午前中は性懲りも無く「ゲーム博物館」へ行きました。
「天野ゲーム博物館」というところでして、
行ってみたらこぢんまりとしたレゲーセンで、とても博物館とは言えませんでしたね。
しかしここの店主がとても頑張っており、メンテもしっかり行われていて、
数多くの古いゲームがオリジナルの基板で可動していました!
今でも古いゲームはリメイクなどされて、そこまで珍しくありませんが、
オリジナルの基板で動いているのは感動します。

そこでのみ販売されているというファンメイドのダライアスの本があり、
数冊のみの販売でしたが、店主に聞いてみると乱丁が激しく販売を休止していたようです。
自分以外に欲しがる人がいたので、現在は製本をしなおして入荷待ち状態らしく、
入荷したら送ってくれるとのことで、なんとかゲットできそうです。
かなりのご高齢で、奥さんが痴呆症になったらしく看病しながら経営してるそうです。
今後もがんばって続けてほしいところですが、難しそうでした…

そこのゲーセンを後にしてから直ぐになばなの里へ向かいました。
以下につづきます。


なばなの里31 
Canon EOS-1Ds mark III + Canon EF 16-35mm F/2.8L USM
16mm 5秒 F/11 iso100 EV±0 バルブ WB/オート PS/スタンダード

なばなの里で一番気にしていたのは三脚の使用です。
前日にオマケ三脚が気に食わず、近場のビックカメラで
少しまともな三脚を買いましたw

で、本番のなばなの里で使うこととなったのですが、
公式アナウンスでは昨今の撮影のマナーの悪さから
「混雑時の使用は控えて下さい」とかなり厳しくかかれていました。
しかし決して「使用禁止」とは書かれていません。
要するに空気を読んで使えよっという事なのでしょうか。
なので最大には広げず、人が少ない場所でのみ使用しましたが、
そのように気遣えば得に注意されることもなく使えました。

今回初めてなばなの里に行きましたが、本当に感動しますね。
正直、ルミナリエよりも感動したかも。


なばなの里37 
Canon EOS-1Ds mark III + Canon EF 85mm F/1.2L II USM
85mm 1/60秒 F/1.2 iso50 EV+1 絞り優先 WB/オート PS/クリア

望遠を持っていって撮影もするつもりでしたが、すっかり忘れていましたw
それでも中望遠である85mmでも良い感じに撮れましたね。
ちょっとやり過ぎた感も否めませんが…

今年は熊本がテーマらしく、くまモンがこれでもかと躍っていました。
お土産も熊本名産が多く、どこに遊びにきてたのか訳がわからない状態に…


なばなの里46 
Canon EOS-1Ds mark III + Canon EF 16-35mm F/2.8L USM
16mm 2秒 F/2.8 iso400 EV±0 バルブ WB/オート PS/風景

最後の方は人が少なかったのでガッツリ三脚を広げて撮影しました。
けど、こうしても見ると微妙にピントがずれてる???
時々手持ちで撮影してたのか、isoもコロコロ変えて、
三脚を使用しているのに400で撮ったりしてますねw


なばなの里56 
Canon EOS-1Ds mark III + Canon EF 16-35mm F/2.8L USM
21mm 30秒 F/10 iso800 EV±0 マニュアル WB/オート PS/風景

最後になばなの里から帰る途中で撮影した写真です。
帰りはホテルに近かったので歩いて帰ったのですが、
地図には載っていない道を発見。
大阪で言う毛馬の水門のような場所を通る事にしました。
封鎖してあるはずの門が開いていたので、普通に通る事ができました。
かなり大きな建造物がずらーーーっと並んでいたのは圧巻でしたね。
とても面白かったです。

それにしてもゴーストが酷いなw
けどここまでカチっとシャープな写りはとても好きです。
この連休で一番好きな写真になったような気がします。


さて、次回は名古屋最終日です。

関連記事
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ytksystem.jp/tb.php/610-615341bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top